臨床工学技士を目指して学ぼう【専門性が高くてやりがいがある】

東洋医学の専門職

鍼灸

免許取得から活躍の場まで

鍼灸を仕事にするためには鍼灸師免許を取得する必要があります。鍼灸師免許は、正確には「はり師」および「きゅう師」の両方の免許を持つ者のことをいいます。はり師・きゅう師の免許を取得するためには、鍼灸師養成学校に入学し、所定の課程を修めたうえで、国家試験の受験資格を得る必要があります。鍼灸師養成学校には大学、専門学校などがあります。特に専門学校では午前部、昼間部、夜間部など、授業時間帯を区切っているところが多く、働きながら学ぶ学生も多いです。また、高等学校を卒業してすぐに入学する学生だけでなく、社会人を経験した学生も多く、年齢層が幅広いことが特徴的です。なお、はり師・きゅう師の国家試験は同時に受験することが可能です。ちなみに課程によっては「あん摩マッサージ指圧師」の受験資格も同時に得られることもあり、三つの免許を持つ者を「鍼灸マッサージ師」と呼ぶこともあります。従来は視覚障がい者の代表的な職業でしたが、近年では健常者の鍼灸師もかなり多くなりました。また、治療院だけでなく福祉施設や医療機関で勤務する鍼灸師も増えてきています。さらに、鍼灸師としての実務経験を5年以上積むと介護支援専門員(ケアマネジャー)の受験資格も得られ、介護業界での活躍の可能性も広がります。昨今では西洋医学と東洋医学を組み合わせた治療にも注目が集まっています。鍼灸師はまさに東洋医学の専門職、これからの健康・医療のために活躍できる職種の一つです。

Copyright© 2018 臨床工学技士を目指して学ぼう【専門性が高くてやりがいがある】 All Rights Reserved.