臨床工学技士を目指して学ぼう【専門性が高くてやりがいがある】

放射線検査の専門家になる

女性

幅広い専門知識が必要

現在、医療の現場にはさまざまな検査機器が導入されており、精密な診察や治療の役に立っています。そうした機器の中には、放射線などのように取扱いに細心の注意が必要なものを利用しているケースもあります。そのため、操作には専門的な知識を持ったスペシャリストが携わります。そのような資格の1つが、診療放射線技師です。診療放射線技師は、レントゲンやCTスキャンなど、放射線を用いた医学上の検査を担当する専門職です。業務独占資格となっており、国家資格がないと従事することができません。また、検査だけでなく放射線治療のように治療行為に関わったり、機器のメンテナンスを行ったりすることもあります。診療放射線技師には、医療従事者であると同時にエンジニアとしての側面も有しているという特徴があります。そのため、医学に関する基本的な知識のほか、物理学や工学、安全管理など幅広い専門知識が求められます。診療放射線技師の資格を得るには、いくつかの方法があります。最も一般的なのは高校卒業後に国または都道府県が指定する短大や専門学校等の養成施設で学ぶか、大学の診療放射線技師養成課程で必要な単位を履修するかです。修業年限は短大が3年、専門学校が3年以上、大学が4年となっています。ただし、これらの学校で学んでも自動的に資格が得られるわけではありません。毎年1回実施される診療放射線技師国家試験に合格し、国から免許を受けることで初めて業務に従事できるようになります。また、外国の学校で同様の課程に学んだ場合も、国の認定を受ければ資格が得られます。

Copyright© 2018 臨床工学技士を目指して学ぼう【専門性が高くてやりがいがある】 All Rights Reserved.